指定特定相談支援事業所

HOME » 指定特定相談支援事業

平成26年度4月1日から指定特定相談支援事業所及び
指定特定障害児相談支援事業所を開設しています。

 

サービス等利用計画の必要性

 市町に障害福祉サービスの利用を申請する際には、サービス等利用計画の提出が必要です。サービス等利用計画は、利用者ご本人が作成すること(セルフプラン)も可能ですし、当園のような相談支援事業所に作成を依頼することもできます。
 依頼を受けた相談支援事業所では、まず、利用者やご家族等から状況やニーズ、ご希望等を聞かせてもらい(「アセスメント」といいます。)、その上で、利用者やご家族のご了解を得ながらサービス等利用計画を作成します。

サービス等利用計画

 サービス等利用計画は、サービス等利用者を支援するための中心的な計画です。サービス等利用計画には、利用者及びその家族の生活に対する意向や総合的な援助の方針、長期目標や短期目標、サービス等の種類や内容、提供事業者名などが記載されます。
 当園では、利用者ご本人のニーズに基づいてサービス提供事業者等と支援チームとして提携することを目指しながらサービス等利用計画の作成に当たっています。

計画作成者

 相談支援事業所では、サービス等利用計画の作成は、資格を有する相談支援専門員が担当することになっています。
 当園では、ご相談からサービス等利用計画作成までを専任の相談支援専門員がお受けします。当園の相談支援専門員は強度行動障害支援者養成研修(基礎研修・実践研修)及び精神障がい者支援の障がい特性と支援技法を学ぶ研修も修了しています。

個別支援計画とサービス等利用計画

 サービス等利用計画に記載されたサービス提供事業者は、サービス等利用計画を踏まえて利用者ごとに個別支援計画を作成します。個別支援計画には、サービス提供事業所での支援内容等が記載されます。

相談支援に関する疑問やご質問等がありましたら、当園にお気軽にお問合せください。

 

このページのトップへ